This site has moved to boskoandhoney.com

You can still review this old content for now but it will no longer be where we do our stuff.

Please update your bookmarks.

CLOSE

Bosko and Honey Logo
  ウクレレと、サウンドシステム
HONEY 2007-05-14 15:46:00
ここでは私達が実際使ってる機材、所有している宝物(ウクレレ)を紹介します。
 

  ハニーの新しいウクレレ!!
HONEY 2008-06-05 22:20:59
”MY NEW BABY"と呼んでいる私のウクレレはスプルーストップのチューリップウッド、シンボディ、テナーサイズで、私の好きな蓮の花がインレイではいいてます。
スプルースは音がオープンするといわれ、最初、全く何の事かわからなかったのですが、一日一日弾けば弾く程、音が変わって行くのが手に取るようにわかります。
テナーサイズなのに弾きやすく、最初はソプラノサイズのフレットからテナーへの変更で指が慣れるのに何日かかかりました。
フィンガーピッキングにはもってこいの音で、色々試してみてます。
もう少し弾き込んだらまたここでほうこくします。
ハニーの新しいウクレレ!!
 
  お気に入りの弦
HONEY 2008-06-05 22:07:46
最近いろいろな弦を試す機会があり、私達はAquilaをつかっているのですが、他の弦にはそれぞれ個性があって、どれがいいとか言えないのだけど、ただ一つ確信したのは AquilaのCの弦の音の響きがあったからこそ私達の曲ができたのだと気がつきました。


お気に入りの弦
 
  キワヤさんのウクレレ
HONEY 2008-06-05 21:57:43
KIWAYAウクレレ・KTC-3(LUNAのLC-3コンサート海外版)をキワヤサンがサファリに向けて提供してくれました。
このウクレレむちゃくちゃ軽く、弾きやすい!!
クオリティーも高いし、音の響き、イントネーションもいいのでシェアソングで使ったミュージシャン、試してみた人達みんなを虜にしているそんなウクレレです。
パフォーマンスでは私達の他の楽器との音の差を出す時などだんだんと取り入れています。

キワヤさんのウクレレ
 
  マイク
HONEY 2008-03-06 17:20:30
前回ニューヨークに行った時、会場でこのマイクを使ったのがきっかけで、去年入手した、私達の宝物です.
どこに行くのにも、一緒...と、までは行きませんが、ライブの時、レコーディング、撮影などでもつかっています。
ライブの時は、私達のスタイルにぴったりなので、今では、状況さえあえばこれをつかっています。このAKG C4000bは、基本的に宅録用なので、騒がしい状況ではまわりの音をひろってしまうのでむいてません。
あ、後、ファントムパワーが必要となります。
人によって意見は様々なのですが、私は、ウクレレの音がナチュラルにでて良いと思います.
マイク
 
  ボスコのウクレレ
HONEY 2008-03-06 17:01:47
マイクデシルバさんのシダートップコンサートサイズウクレレです。
シダートップは、よくフラメンコギターなどに使われている物で、強く弾いても、音が割れる事無く、優しく弾いても音が通るので、ボスコに、ぴったりのウクレレです。
実は、違うモデルですが、重人さんもマイクさんのウクレレ持っています。
そして、話がどんどんそれますが、ハニーにもいまウクレレを作ってくれています。



ボスコのウクレレ
 
  サウンドシステム
HONEY 2007-03-22 17:32:56
¨
今日は、サウンドシステム(BOSE personalized amplification system (L1))について。
これはすばらしい!特にウクレレのデュオをするとき小さなウクレレに対して色々な機材を使っていたので、ずいぶん時間も節約できるし、いろんな問題も解決され、音もいい。
残念ながら日本語のBOSEサイトでは見つけられなかったので、アメリカのBOSEのサイトですが興味があったらみてください。

値段や付属品、どんなシステムでなにが新しいのかなどみれます。

さて、アップデートです。
日本のサイトでも使用がみれるようになりました!!!!

なので、下のリンクを日本語のBOSEのページリンクに変えておきます。


サウンドシステム
BOSE ホームページへ...
 
  ハニーのウクレレ
HONEY 2007-03-02 16:54:14
HONEYのウクレレは、オーストラリアのギターメーカー(cole clark)で、matonで働いていた人がはじめた会社でいいギターをつくることで有名。
このギターメーカーは在庫をたくさん作らないのでオーストラリアでも場所によっては入手困難。
で、なぜこの会社のに決めたかというと、インターネットでウクレレをサーチしてる時、有名なウクレレプレイヤーがインタビューを受けた時にオーストラリアではここの会社のウクレレが一番だということをいっていたというダイアログをダニエルが見たため。
新しいウクレレは、タズマニアブラックウッドという木を使いサイズはソプラノをベースにしてる17フレットある大きめなソプラノウクレレ。
コンサートサイズに比べると少し小さめだけど音とイントネーションがとてもいい!!
フラメンコギターのような音です。
ハニーのウクレレ
cole clark home page‚...
 
  GIGS  
  AUSTRALIA-WIDE UKE GATHERINGS